札幌

人口195 万人を擁する国内第5 位の大都市・札幌は、2008年に『環境首都・札幌』を宣言し、都市と自然の調和する快適なまちづくりを進めてきました。また、北の玄関口・新千歳空港から快速JR で37 分(1 日56 往復)とアクセスも良く、MICE施設やホテルなどが半径3㎞内に集中し、碁盤の目に整備された街並みは、海外からのMICE 参加者にもわかり易くなっています。

冬季オリンピックやサッカーワールドカップをはじめ、国連軍縮会議、G8 サミットアウトリーチ国会合、APEC 貿易担当大臣会合など、多くの実績と経験を活かし、皆様のMICE開催をサポートします。2010 年秋、韓国・ 大田 テジョン のコンベンションビューロー(現:大田マーケティング公社)と覚書を締結し、日韓における第1 号となる事業連携をスタートしました。そして2013年2月にはタイ国政府コンベンション&エキシビジョン・ビューロー(TCEB)との間でMICE推進の覚書を交わしました。

公益財団法人札幌国際プラザ コンベンションビューロー

〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目 MNビル3F
TEL:011-211-3675 FAX:011-232-3833

URL: http://www.conventionsapporo.jp/

コンベンション施設

札幌コンベンションセンター

会場数
19(シアター最大:約5,600 人)
主な会場
大ホール(2,607 ㎡ /2,500 人)、特別会議場(692 ㎡/700 人)、中ホール(533㎡ /600 人)
アクセス
地下鉄:東札幌駅から、徒歩8 分

札幌ドーム

会場数
19(シアター最大:約5,600 人)
主な会場
アリーナ:14,460㎡ /11,755 人(スタンド席:41,580 席)
アクセス
地下鉄:福住駅から、徒歩10 分

きたえーる

会場数
7(その他:サブアリーナ、貴賓室など)
主な会場
メインアリーナ(3,886㎡ /10,000 人)
アクセス
地下鉄:豊平公園駅直結

コンベンション実績

  • 2015年第 5回国際野生動物管理学術会議(IWMC 2015)
    会場:札幌コンベンションセンター
    人数:1,300人
  • 2014年アジア・オセアニア地球惑星科学大会(AOGS)
    会場:ロイトン札幌
    人数:3,400人

    第26回有機金属化学国際会議(ICOMC2014)
    会場:ロイトン札幌
    人数:1,200人
  • 2013年第4回日インドネシア交通次官級会合
    会場:札幌パークホテル
    人数:70人
  • 2012年第27回アジア消防長協会総会
    会場:札幌コンベンションセンター
    人数:1,000人
  • 2011年国際微生物連合2011会議(IUMS 2011)
    会場:札幌コンベンションセンター
    人数:4,800人

ユニークベニュー/ アトラクション

大倉山ジャンプ競技場

冬季オリンピックの舞台であり、その頂上からは、札幌市街を一望できる人気の観光スポット。

スキージャンプは冬限定のスポーツと思われがちですが、夏の夜空を彩るサマーナイトジャンプは、雪を見たことのない方々にも大好評のアトラクションです。

モエレ沼ガラスのピラミッド

世界的な彫刻家イサム・ノグチにより設計された、全体を一つの彫刻とした公園。

雪冷房を利用した園内のガラスのピラミッドでは、緑とピラミッドの調和した幻想的なパーティーやセレモニーを演出します。