帯広

北海道の道東エリアに位置する十勝は19市町村で構成されており、寒暖差の大きな気候を活かし畑作と酪農が盛んな地域です。
主要作物の小麦、じゃがいも、豆類、てんさいは作付面積が日本一で日本最大の食糧基地と言われております。その食材を使用したご当地グルメや、十勝平野の田園風景や日高山脈など雄大な景観が多彩です。
MICE開催にあたり、歓迎看板の設置や観光案内所を設けるなど、主催者様からのご要望に応じて、様々な支援を行っております。
アフターコンベンションとしては、世界で唯一のばんえい競馬や幸福の聖地で有名な幸福駅、十勝の食材を使用しているスイーツのお店、美人の湯で有名なモール温泉など、各地ニーズに合わせてご紹介させていただきます。

帯広観光コンベンション協会

〒080-0012 北海道帯広市西2条南12丁目 JR帯広駅東館2階
TEL: 0155-22-8600 FAX: 0155-22-8558

URL: http://obikan.jp/

MICE施設

とかちプラザ

主な会場
1F全ホール(1,793.49m2/シアター1,500人/3分割可能)、2F視聴覚室( 123.26m2/ シアター 100 人)、3F研修室( 188.86m2/ シアター 120 人/3 分割可能)
アクセス
JR帯広駅より徒歩3分

帯広市民文化ホール

主な会場
大ホール(1,129㎡/1,546人)小ホール(414㎡/560人)
アクセス
JR帯広駅より徒歩5分

コンベンション実績

  • 2017年2017冬季アジア札幌大会 スピードスケート競技
    会場:帯広の森
    人数:300人
  • 2015年第44回植物の新品種の保護に関する国際条約(UPOV)農作物技術作業部会
    会場:道新コミュニティホール(北海道帯広新聞社2階)
    人数:60人
  • 2014年第9回国際反芻動物生殖科学シンポジウム
    会場:ホテル日航ノースランド
    人数:305人

    国際農業機械展
    会場:北愛国交流広場
  • 2013年食と環境・国際フォーラム
    会場:とかちプラザ
    人数:200人
  • 2004年~2007年世界ラリー選手権 ラリージャパン
    会場:十勝管内
    人数:200,000人
  • 2001年~2017年(毎年1回)FIAアジア・パシフィックラリー選手権
    会場:十勝管内
    人数:40,000人
  • 1994年~2008年十勝24時間レース
    会場:十勝インターナショナルスピードウェイ
    人数:50,000人

ユニークベニュー/ アトラクション

幸福駅

幸せを願う人々が国内のみならず世界中からも多く訪れる、人気のパワースポットです。

ウエディング体験ができる「幸福駅ハッピーセレモニー」を実施中です。

ばんえい競馬

北海道遺産であるばんえい競馬は、200mの直線コースに2カ所の障害を設け、最大1トンもの鉄ソリを馬にひかせてその力を競い合う世界で唯一の競馬です。